3回に1回くらい中折れするようになった・・・

最初にEDの兆候を感じたのは、40歳を過ぎたころです。
もともとちょっと早漏気味だったので、挿入して動いているときには、それが出ないように気を付けて角度や動き方を調整するのですが、ある時、それをしているうちに、ふうーっとペニスが柔らかくなってしまいました。いわゆる「中折れ」です。
その時には、早漏を意識するあまり、長引かせていたのでそうなったのか、と思い、気にはしていませんでしたが、その次に好意をしている時にも、3回に1回くらい、「中折れ」するようになりました。
これはかなり焦りました。自分が相手の中にありながら、途中で折れてしまう感覚は、味わったことがなければ分からないような、微妙なそして苦い挫折感があります。それと焦りもあります。なんとかもう一度硬くしなければ、と、目をつぶって精神を集中させたり、いやらしいことを思い出したり(と言ってもいやらしいことを現にしているわけですが)するのですが、なかなかそれが効果を発揮しません。そして、その折れている状態からさらに進んで、ペニスが完全にしぼんでしまい、するっと相手から抜けてしまった時の虚脱感はいいようがありません。
相手にも、相手の「中」があまりよくなかった、ということを(身体が)言っているようで、それも非常に申し訳ない気分です。ただ、それに言及すると返ってドツボにはまるので、何気なく、ごめんねくらいをいって、もぞもぞと後処理をします。
その中折れが、3回に1回だったものが、2回に1回になり、今ではほぼ毎回そうなってしまいます。
これが本当にパートナーには申し訳ないです。その分、ほかの行為で埋め合わせをしているつもりですが、それで相手がどう思っているのかわかりません。
この申し訳なさをどうにかしたいので、薬でも飲んでみようかと最近思っています。